コインチェックで580億円分NEMがハッキング被害!日本円で補償、返金対応も

コインチェックで580億円分ハッキング NEMを日本円で補償 ポイン

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?

ポインです。

コインチェックで580億円分NEMがハッキング被害!

取引所コインチェックで、580億円分のNEMが奪われるという、世界最大のハッキング事件が起きました。

私もコインチェックにトレード用に資産を置いていたので、資産のごく一部ではありますが、被害を受けてしまいました。

Twitterでは億単位で被害を受けている方も…

私がコインチェックに置いていたのはNEMではありませんが、日本円や仮想通貨もトレードや出金処理ができず、いつ引き出せるかもわからない状況です。

一夜明け、 盗難されたネム(XEM)は、日本円で返金されることが発表されました。

補償内容については、下記の通りです。

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

コインチェックプレスリリースより

 

時期は未定ですが、返ってくることが確定したので、被害者の方も一安心ではないでしょうか。

もちろんコインチェックの対応は完璧ではありませんが、それでもこのスピード感で対応を表明したのは、素直に素晴らしいと思っています。

コインチェックのハッキングは何が原因?

コインチェックは「コールドウォレットで保管する」と記載しているのも関わらず、実際にはホットウォレットで100%保管されていたことが原因では?と言われています。

  • コールドウォレット=オフラインのウォレットで、ハッキング被害に強い
  • ホットウォレット=ネット上のウォレットで、ハッキング被害を受ける可能性がある

ただ、これは運営上の制約もあると思いますし、本当の原因なのかははっきりとしません。

詳細はコインチェック側の発表を待ちたいと思います。

仮想通貨のセキュリティ/安全な保管方法って?

ブログやTwitterで繰り返し言っていますが、基本的に取引所に置きっぱなしは危険です。

あくまで「仮想通貨を引き出す権利」に過ぎず、厳密にいうと自分の資産になっていないからです。

仮想通貨のセキュリティの重要性については、先日コインマガジンに寄稿したばかりでした。

今回のハッキングは、もちろん取引所の問題もありますが、自分で資産を移していれば防げたことでもあります。

本ブログの読者の方から、ハッキング被害の10日前にハードウェアウォレットに資産を移動しておいて助かった、というご連絡を頂きました。

ハッキングはいつ起きるかもわかりませんので、できる限り自衛するために、取引所から移動させて起きましょう。

また、コインチェックのパスワードが流出した可能性も否定できないので、念のため変更しておきましょう。

また声を大にして言いたいのは。

今回の問題は「コインチェックのセキュリティ体制の問題」であり、盗まれたネム(XEM)が悪いのでは一切ない

ということです。

本当に安全な保管方法はハードウェアウォレット!

私も基本的に、資産の大部分をハードウェアウォレットで保管しています。

Ledger Nano S ハードウェアウォレット

USBタイプの機械に、秘密鍵が入っており、これをパソコンに接続しないとウォレットが開かないようになっています。

上の写真は『Ledger Nano S』というハードウェアウォレットで、リップルやビットコイン、イーサリアムを保管でき、私はこれをメインで使っています。

Amazonなどでも販売されていますが、セキュリティ的にこちらの日本公式代理店から購入を推奨します。

海外では、公式代理店以外で購入したハードウェアウォレットにウィルスが仕掛けられてて全部盗難される、みたいな事件も起きています。

今回ハッキング被害を受けたNEMも、現在はハードウェアウォレットTREZORに対応しています。TREZORの公式代理店はこちら

ホワイトハッカーみなりんさんが犯人を追跡中

盗まれたネムですが、仮想通貨(暗号通貨とも)は、全ての履歴が追えるようにできており、NEMに精通したホワイトハッカー(善意のあるハッカーのこと)のみなりんさんが現在も追跡中です。

 

ネムの運営を行なっている「NEM財団」もこのようにコメント。

世界中の取引所に呼びかけて、売却を難しくするために動いているようです。

 

ただし、数多くのハッキング被害で、実際に盗まれた通貨を取り戻せた事例は、たった1つだけ。

現在のネムの状況も、追跡はできるが取り戻すこともできないようです。

 

現在の様子を一言で表すと

人類史上最大の580億円分のネムを盗み出したブラックハッカー

VS

NEMを知り尽くした自称「17歳JK」ホワイトハッカー

というところでしょうか。

 

ホワイトハッカーみなりんさんの発言は、こちらにまとまっています。

私も事の顛末を引き続き、見守っていきたいと思います。


【この記事で紹介したサイト】

公式サイト:Ledger Nano S公式代理店

公式サイト:TREZORサイト

The following two tabs change content below.
ポイン
仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』です。職業はハイパーニート。リップルとネムが好き。【週刊SPA!】複数回インタビュー掲載、【爆笑問題の日曜サンデー】TBSラジオに仮想通貨の専門家として出演するなど、メディアでも精力的に活動中!

▼▼オモシロかったらシェアしてね!▼▼




DMM Bitcoin

テレビCMで話題沸騰!
ビットコインをはじめて買うならCMで話題の『DMM Bitcoin』

今なら口座開設だけで1,000円プレゼント中!

『DMM Bitcoin』なら0.001BTC(約1,200円)から、スマホアプリで簡単にビットコインが買える!

取扱コインも、現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアと種類が豊富です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SPONSORED LINK