テックビューロ社COMSAのICO調達で100億円!残り1週間

COMSAのICOが100億円越えを調達! ポイン

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?

ポインです。

 

COMSAの概要をまとめた過去記事はこちらです。

COMSA(コムサ)とは?仮想通貨で資金調達ICOはデメリットも

COMSAのICO調達額が100億円を突破!

COMSA ICO 調達額

取引所Zaifを運営するテックビューロ社がICO(クラウドセールによる資金調達)を行なっているCOMSAの調達額が、ついに100億円を超えました。

COMSAは、様々な企業がICOを実施するための手助けをするプラットフォームになります。

私ポインも、以前に『COMSAのICOに参加!購入方法(買い方)や騒動まとめ』で書いたように、ほんの少額だけですが参加しました。

 

調達額100億円を超えたプロジェクトは日本初であり、その様子は日経新聞でも『テックビューロ、ICO募集で100億円超え 27日時点』として報じられています。

COMSAの調達額は、歴代ICOの中で現在、第7位です。

ICO 調達額ランキング

引用 : Special Report: Backroom battle imperils $230 million cryptocurrency venture

ICO期間は11月6日(月)14:00までで、残り1週間を切っています。

ここからどこまで伸びるのか、第6位のstatusの104.5億円を超えることができるのか!?が注目です。

 

COMSAトークン/CMSトークンの受け取り方

COMSAに参加した後の予定ですが、まずはCOMSAトークン(CMSトークン)を受け取るためのアドレスを登録する必要があります。

COMSA

CMSトークンは、取引所Zaifで受け取ることができます。

口座開設までに2週間ほどかかりそうなので、もしCOMSAに参加したけど、まだZaifの口座を持ってない方は今のうちに開設しておきましょう。

 

もしプライベートウォレットで受け取る場合は、NEMのNano Walletか、イーサリアムのMyEtherWalletが必要になります。

Nano Walletの設定方法は『仮想通貨NEM/XEMを買ってハーベストしよう!設定方法まとめ』で詳しく解説しています。

 

CMSトークンの配布は11月中旬〜下旬の予定です。

取引所Zaifでのトレード開始が、11月末ごろとリリースされています。

今後COMSA上でのICO予定

2017年は残り2ヶ月ほどですが、今年中にも2〜3社がCOMSAを使ってICOすると報じられています。

また来年には20〜30社近くがICOを実施するとのこと。

具体的な社名としては、Timebankを運営するメタップス社がCOMSAでのICOの検討を開始したとのリリースが出ているくらいです。

 

COMSAのICO終了まで残り1週間。

もしCOMSAにまだ参加していなくて興味がある方は、COMOSA公式ページより登録、参加申し込みができます。

ICOにはビットコイン、イーサリアム、NEMで参加することが可能です。


【本記事で紹介したサイト】

公式サイト : COMSA公式ページ

公式サイト : 取引所Zaif

The following two tabs change content below.
ポイン
仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』です。職業はハイパーニート。リップル(XRP)とネム(XEM)が好き。 9/12、9/26発売の週刊SPA!にて2号連続でインタビューが掲載されました。

SPONSORED LINK







▼▼オモシロかったらシェアしてね!▼▼





国内の安心安全な大手取引所
スマホでビットコインFXなら『GMOコイン』

スマホでビットコインFXをはじめるならGMOコイン!1,000円から最短で翌日からトレード開始できます。レバレッジ最大25倍!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA