AR系仮想通貨プロジェクトLucyd(ルシード)のトークンセールに参加!

億り人 ハイパーニートポインの仮想通貨1年目の教科書
AR系プロジェクトLucyd(ルシード)トークンセールに参加 ポイン

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?

ポインです。

AR仮想通貨プロジェクトLucyd(ルシード)のトークンセール参加

Lucyd(ルシード)

ARを使ったスマートグラスプロジェクトのLucyd(ルシード)のトークンセールに参加しました。

 

そもそも「AR」とは何か知っていますか?

ARとはAugmented Realityの略語で、日本語訳すると「拡張現実」となります。

わかりやすいところでいうと位置情報を利用したARゲーム「Pokémon GO」が有名です。

またこのLucyd(ルシード)は、スマートグラスと呼ばれる、ARに対応したレンズを搭載したメガネの製造、および販売するプロジェクトです。

 

スマートグラスといえば、日本ではアニメでよく使われています。

名探偵コナン君の「犯人追跡メガネ」や、電脳コイルの「電脳メガネ」で、日本人にスマートグラスはお馴染みですね。

 

その世界が現実になったとしたら、どうしますか?

 

Lucyd(ルシード)の公式ムービーでは、そんな世界を垣間見ることができます(日本語です)

 

ARやVRなどの分野に関しては、以前にもオーストラリアのGazeCoinのチームの視察に行ったことからも、私はかなり期待しています。

その時のレポート記事→『10/31にICO開始の『GazeCoin』メンバーに会いにオーストラリアへ!

 

AR/VR市場はこれから伸びる分野ですし、Lucyd(ルシード)は既にスマートグラスを構成するのに必要な特許技術を13個保有しています。

またプライベートセールの目的を「製造ラインを稼働するための資金調達」としており、プロトタイプモデルの開発が進んでおり、プロダクトがないトークンセールが多い中で、かなり注目できるものだと思っています。

 

トークンセールの詳細は、日本語のホワイトペーパーをご覧ください。

暗号チャットアプリ「テレグラム」の日本公式グループなら、最新情報が入手できますので、こちらのリンクからぜひご参加ください。

トークンセール用のイーサリアム(ETH)購入なら

イーサリアム(ETH)の購入ならビットバンクCC

手数料が安くて、指値が使えるのでオススメです。

ビットバンク/bitbank.ccはICO用イーサリアムやリップル(XRP)購入にオススメ

2017.08.22

【Lucyd関連リンク】

公式HPはこちら

日本語ホワイトペーパーはこちら

公式テレグラムはこちら

The following two tabs change content below.
ポイン
ハイパーニート『ポイン』です。リップルとネムが好き。2018/6/2に著書『億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書』を発売。主なメディア出演は週刊SPA!、爆笑問題のTBSラジオなど。

▼▼オモシロかったらシェアしてね!▼▼




DMM Bitcoin

テレビCMで話題沸騰!
ビットコインをはじめて買うならCMで話題の『DMM Bitcoin』

今なら口座開設だけで1,000円プレゼント中!

『DMM Bitcoin』なら0.001BTC(約1,200円)から、スマホアプリで簡単にビットコインが買える!

取扱コインも、現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアと種類が豊富です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


 

SPONSORED LINK

仮想通貨専門ニュースアプリ QUOINEX