ネム取引所比較!NEM/XEMはここで買えランキングまとめ2018年2月最新版

ネム取引所比較 XEMはここで買えランキング

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?

ポインです。

ポイン的ネム(XEM)取引所ランキング

ネム nem

日本で大人気の仮想通貨、ネム(XEM)。

私のポートフォリオの中で、ネム(XEM)の割合はかなり多く持っています。

 

こちらがNEMの現在価格です。

nem price

私が初めて購入した2017年1月は、まだ2円くらいでした。

 

ネム(XEM)は日本や韓国で人気があり、特に日本でのコミュニティはかなり活発で、取引も盛んです。

例えば、渋谷にはネム(XEM)を冠した「nem bar」があったり、ネム(XEM)のミートアップが全国で開かれたりしています。

渋谷の仮想通貨バー『nem bar』プレオープン初日に行ってきた

先日は、東京で「nemket」とというネム(XEM)支払い限定のフリーマーケットが行われました。

仮想通貨NEM決済のフリマnemket2017@都内に行ってきた

 

ネム(XEM)は「新しい経済圏づくり」というところをコンセプトにしており、PoI(Proof-of-importance)という仕組みによりそれを目指しています。

また、オープンソースで誰でもネム(XEM)を使ったアプリケーションがつくれる点も、技術者に愛されている所以です。

今後も、日本のみならず世界でネム(XEM)が盛り上がってくると思いますので、 今回は私ポインがネム(XEM)を購入するのに使っている取引所まとめてみたいと思います。

コインチェック事件でネム(XEM)が流出!でも悪いのは取引所のセキュリティ

ネム(XEM)は、コインチェックがハッキングを受け、不正流出したことが話題になりました。

ここで強調したいのは、この事件はコインチェックのセキュリティの問題であり、ネム(XEM)には何の問題もないということです。

むしろコインチェック事件でネム(XEM)の名前が一般の人まで浸透したことにより、私は今後も注目されるコインだと思っています。

それではオススメランキング!いってみましょう!

第1位 : ザイフ / Zaif

zaif ザイフ

ザイフは、日本円で直接ネム(XEM)を買うことができる日本で唯一の取引所です。

コインチェックもネム(XEM)を買うことができましたが、不正流出事件を受けて、現在は取引を中止しています。(復帰の目処も立たず)

ザイフ / Zaifのメリット

  • 日本円で直接ネムを買うことができる(日本で唯一)
  • 指値取引ができるので、注文が成立すれば自分の希望価格で購入することができる
  • 板取引なのでスプレッド手数料が格安
  • ザイフなら日本初の100億円越えの ICOを行ったCOMSAトークンが買える
  • 他にも日本ではここしか取り扱っていないような面白いトークンが多数取り揃えてある
  • 日本では唯一取引所トークンを発行している(Zaifトークン)

ザイフ / Zaifデメリット

  • サーバーが落ちやすく、注文が通らないことがよくある
  • スマホアプリが使いにくいので、パソコンで見た方がよい
  • サポートに連絡しても返信が遅い

ザイフの登録方法は『仮想通貨NEM/XEM購入は取引所Zaif一択!な3つのワケ』をご覧ください。

第2位 : UPbit / アップビット

UPbit アップビット

UPbitは、仮想通貨取引が盛んな韓国でもトップクラスの大手取引所です。

ネム(XEM)の取引高も多く、世界規模でナンバー1になっていることも多いです。

韓国発のメッセンジャーアプリKakaoTalkを運営するKakaoグループの取引所なので、海外の取引所ですが安心感があります。

UPbitのメリット

  • ネム(XEM)取引量が世界一で、その分スプレッド手数料が格安
  • 指値取引ができるので、注文が成立すれば自分の希望価格で購入することができる
  • ネム(XEM)の他にも100種類以上のアルトコインの取り扱いがある
  • スマホでも画面が見やすくて使いやすい

UPbitのデメリット

  • 新規登録にカカオアカウントが必要(電話番号があればすぐ登録できます)
  • 日本語対応していない(韓国語なのでグーグルクロームで翻訳オンにすれば大丈夫)
  • 日本円でネム(XEM)を購入できない→ビットコインやイーサリアムを日本の取引所(ビットバンクなど)で買って送金する必要がある
  • 取引手数料や出金手数料などが多少高め(0.25%)

UPbitは、大手取引所のBITTREXとも提携しています。(BITTREXは新規登録ストップ中)

第3位 : DMM Bitcoin

dmmbitcoin DMMビットコイン

DMM Bitcoinは、2018年1月にできた比較的新しい取引所です。

ネム(XEM)はレバレッジ取引のみで現物が購入できないので、トレーダー向きの取引所です。

取引所から引き出す場合はビットコインかイーサリアムになります。

DMM Bitcoinのメリット

  • 販売所形式なので、ワンクリックでネム(XEM)が購入できる
  • スマホアプリがあり、初心者にも使いやすい
  • スマホアプリで経済指標なども確認できる
  • アルトコインも含めた5種類の通貨のレバレッジ取引ができる

DMM Bitcoinのデメリット

  • ネム(XEM)がレバレッジ取引のみで現物が購入できない→出金するにはビットコインかイーサリアムに交換する必要がある
  • 取引所ではなく販売所なのでスプレッド手数料が比較的高め

ネム(XEM)取引所まとめでした

この三つが私がネム(XEM)のトレードで使っている取引所です。

ネム(XEM)は、世界的に見たら海外の大手取引所での取り扱いは、まだまだこれからです。

その影響もあり、取引の出来高も時価総額が同じくらいの他のアルトコインに比べ、あまり多くありません。

逆に言うと、ネム(XEM)はまだまだ伸びしろがあるコインとも言えますので、これからも価格が上がる可能性があると考えています。

 

どれに登録しようか迷ったらとりあえず取引所Zaifがおすすめです。

ザイフには『Zaifコイン積立』というサービスがあり、低リスクで数種類の仮想通貨を日々積立貯金することができます。

Zaifコイン積立

 

このサービスは、「ドルコスト平均法」という、安い時に多く、高い特に少なく購入することで、価格の変動を抑える低リスクな投資手法です。

ドルコスト平均法 Zaifコイン積立

引用 : Zaifコイン積立ページ(https://zaif.jp/doc_reserve)

私もこのサービスで、ネムを月々数万円ずつ積み立てています。

取引所への入金には、手数料無料の住信SBIネット銀行が土日も振込可能なので、合わせての登録がオススメ!

 

1万XEM以上を持っている人はハーベストと言う、ネム(XEM)が勝手に増えるかもしれないサービスを使うことができます。

仮想通貨NEM/XEMを買ってハーベストしよう!設定方法まとめ

ネム(XEM)専用のウェブウォレットの「Nano Wallet」は、ネムの安全な保管方法としてもオススメです。

 

更に安全性を求める人にはハードウェアウォレットが良いでしょう。

最近はTREZORがネム(XEM)に対応しました。

セキュリティ的な観点で、できるなら海外公式サイトで購入した方が好ましいのでこちらを推奨。(英語です)

私ポインは、今後も積立貯金をする感覚で、ネム(XEM)を積み立てていきたいと思っています!


公式サイト : ザイフ/Zaif

公式サイト : UPbit

公式サイト : DMM Bitcoin

The following two tabs change content below.
ポイン
仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』です。職業はハイパーニート。リップルとネムが好き。「週刊SPA!」にて複数回インタビュー掲載、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に仮想通貨の専門家として出演するなど、メディアでも精力的に活動中!

▼▼オモシロかったらシェアしてね!▼▼




DMM Bitcoin

テレビCMで話題沸騰!
ビットコインをはじめて買うならCMで話題の『DMM Bitcoin』

今なら口座開設だけで1,000円プレゼント中!

『DMM Bitcoin』なら0.001BTC(約1,200円)から、スマホアプリで簡単にビットコインが買える!

取扱コインも、現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアと種類が豊富です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SPONSORED LINK