仮想通貨取引所を複数登録してリスク分散が必要な7つの理由

コインチェック
複数 取引所 使い分け ポイン

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?ポインです。

皆さんはいくつの取引所に口座登録していますか?

もし1つの取引所しか登録していないとすると、それは勿体無い&リスクがある状態と言えます。

本記事では取引所に存在するリスク3つと、複数の取引所に分散するメリット4つについて解説します。

取引所によってメリットが異なる

日本には10社以上の仮想通貨取引所がありますが、実はそれぞれ特徴やメリットが大きく異なります(海外取引所も含めると100以上です!)

特にここで紹介する4つの取引所にはそれぞれメリットが異なるので、できるなら登録しておいた方が良いでしょう。

国内取引所

  • GMOコイン:人気のリップルが手数料安く買えて、初心者でも使いやすい取引所
  • CoinCheck:話題のNEMが購入できるのは日本でココだけ

海外取引所

  • Binance:世界最大のアルトコイン取引所
  • BitMEX:世界最大のFX取引所

他にも、取引所を複数登録しておいた方が良い理由がたくさんありますので、紹介していきますね。

仮想通貨を取引所に預ける3つのリスク

リスク確認

仮想通貨取引所には様々なセキュリティが施されていますが、安全性に100%の保証はありません。先ずは過去に起きたことや考えられるリスクを3つご紹介します。

  1. ハッキング被害に遭うリスク
  2. パスワード等を紛失するリスク
  3. 手数料やスプレッドで損をするリスク

ハッキング被害に遭うリスク

MTGOX(マウントゴックス)を始め、Bitfinex(ビットフィネックス)、Cryptopia(クリプトピア)など約11箇所の取引所でハッキング被害の報告が出ています。

もしも1つの取引所に全ての資産を預けていたら一気にお金を失ってしまいます。

パスワード等を紛失するリスク

うっかりパスワードを忘れてログインができなくなったら大変です。

中には取引所の管理者が突然死してパスワードが分からなくなり、多くの人が資産を引き出せなくなった事件もありました。あらゆるリスクを想定しておくことが大切ですね。

手数料やスプレッドで損をするリスク

手数料やスプレッドは取引所によって異なります。

取引金額によっては大きく損してしまう場合もあります。トレードが成功しても手数料でプラスマイナスゼロとなったり、下手をするとマイナスになってしまうケースもあるようです。

複数の取引所に口座解説でリスク分散になる4つのメリット

取引所PC

複数の取引所を口座解説して、仮想通貨を一箇所に保存せず、分散して保管しておくことが大事です。

リスク分散を行うメリット4つはこの通りです。

  1. ハッキングなどで通貨が盗まれても被害が小さい
  2. 様々な種類の通貨が買える
  3. ハードフォークに対応できる
  4. 取引所特有のサービスが利用できる

ハッキングなどで通貨が盗まれても被害が小さい

もしハッキングやパスワードの紛失が起きても、資産を分散させておけば損害が小さく済みます。

管理ができる範囲で取引所を増やしておくのも良いでしょう。取引所によって異なるメールアドレスを登録しておけばハッキングリスクを減らすことも可能です。

また仮想通貨を盗まれるリスクを減らすために、2段階認証は必ず設定しておきましょう。

参考:仮想通貨の初心者がやっておくべき「2段階認証」の設定方法

様々な種類の通貨が買える

取引所によって扱うコインの種類が異なります。

もしも暗号資産として保有したいコインがあれば、色んな取引所に登録しておくと便利です。場合によってはコインの価格に差が出てくるので、複数の取引所で比較しておくこともおすすめします。

また、取引所間で起きる価格差を利用する『アービトラージ』も行うことができます。

ハードフォークに対応できる

複数の取引所を用意しておけば、イーサリアムクラシックやビットコインキャッシュのように仮想通貨の分裂が起きた時に新しいコインをスムーズに得ることが出来ます。

取引所の開設にはある程度の時間を要するので事前に登録しておくと便利です。

取引所特有のサービスが利用できる

bitbankでは、ビットコインを預けると年利5%がつく「仮想通貨を貸して増やす」が利用できます。例えば、100万円分のビットコインを預けると1年後に105万円で返ってくると言ったサービスです。

Coincheckも貸仮想通貨サービスをやっています。こちらも最大年利5パーセントですが、ビットコインだけでなく今後はイーサリアム、リップル、ファクトムにも対応していく予定です。

国内取引所と海外取引所でもリスク分散を

国内と海外

海外取引所のみに登録している人も注意しておきましょう。法整備は国毎に異なるので、急に日本人が取引所を使えなくなってしまう可能性があります。

海外取引所の方が取り扱いコインの種類が豊富で魅力的ではありますが、何らかのトラブルが起きた時に言語の壁で上手くやり取りができないなど思わぬリスクも考えられます。

一方、国内取引所は取り扱い通貨が少なめではあるものの、日本語対応なので気軽に問い合わせができます。英語が苦手な人でも自由に売買ができるので、その点もメリットと言えます。

最初にも紹介しましたが、この4つの取引所はオススメなので、4つとも登録しておくのがよいでしょう。

国内取引所オススメ

  • GMOコイン:初心者でも使いやすい取引所
  • CoinCheck:話題のNEMが購入できるのは日本でココだけ

海外取引所オススメ

  • Binance:世界最大のアルトコイン取引所
  • BitMEX:世界最大のFX取引所

今のうちに複数の仮想通貨取引所に登録しておこう

複数の取引所を利用することでより安全な資産管理が行えます。ただ、どのような対策を施しても投資にリスクはつきものです。余剰資金で余裕のある取引を行ってくださいね。

登録すべき取引所の選び方ですが、通貨別にランキングを作っておいたので参考にしてみてください。

取引所によってメリット・デメリットも簡潔にまとめていますから、時と場合により使い分けるのもオススメです。

コインチェックは初心者にオススメ!

コインチェック coincheck 仮想通貨 取引所

マネックスグループ傘下になり新体制!
『コインチェック』なら500円からスマホアプリで
簡単にビットコインなど10種が買える!
 

SPONSORED LINK

コイン相場 GMOコイン