仮想通貨の税金問題は「8月まで気絶法」がベスト!?

億り人 ハイパーニートポインの仮想通貨1年目の教科書
税金は8月まで気絶!?なポイン

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?

ポインです。

仮想通貨の税金

みなさん、今日も爆益ですか?

爆益といえば機嫌が良いもののはずですが、ふと頭をよぎる税金の2文字…

今やブログが大人気のマナさんが書かれた税金のエントリーを読みました。

bitcoiner.link

白色申告?、青色申告?、移動平均法?

あれっ?失われた文明の古代文字かな?

古代文字検索結果

ポインにはこう見えます。

私はずっとサラリーマンだったので(現在ニートですが)生きてきてこの方、税金関係は会社に任せっきりでした。

なので確定申告をやったこともなければ、節税の知識は皆無です。

ぶっちゃけこう思ったので、Twitterでつぶやくと。

マナさんからご返信が 。

調子に乗ってバカスカ質問するポイン。

優しく回答してくださるマナ@さん。

税理士に確定申告をお願いするのであれば、 年末(11月〜12月)あたりの空いてる時期に頼むのがベストのようです。

また、節税のために開業届を出すなら早い方がいいらしい。

仮想通貨の脱税リスク

ここにきて思ってもみなかったリスクが降りかかってきました。

自分は為替FXも株もNISAやったことなくて、仮想通貨取引がトレードで利益を出した生まれて初めての経験なのですよね。

なので税金についてはノーマーク、ビットコインやアルトコインを円建てとバカスカ取引しちゃってました。(FX的に考えると円建ての取引で利益確定とみなされるよう)

税務署にとっても「仮想通貨は熱い市場」とのこと。

そうか!仮想通貨で儲かる人がでると、国が儲かるのか!(当たり前田のクラッカー)

脱税は犯罪です。絶対に確定申告しましょう。

FXの例だと確定申告をしていない主婦が数年後にバカスカ捕まった事例があるようなので!

個人事業主(開業)で節税

個人事業主の届け出を出すとサラリーマンでも経費計上できるらしいです。

なるほど。FXのパターンで調べればいいのか。

FX 個人事業主 開業 検索結果

ググるとたくさん出てきますね。

軽く数サイト見てみると、管轄する税務署にいけば簡単な手続きで開業できるようです。

その際に青色申告届を合わせて出すことで、確定申告の際に家賃やサーバー代などが経費として計上できたりするようですね。

ただし青色申告は帳簿が複雑なのようなので自力or税理士さんに依頼して確定申告できない方にはお勧めできません。

また、FX取引を事業内容として開業届を出しても書類が通らない確率が高いです。

結論としては

現在の法律は仮想通貨には対応しておらず、会計基準案が2017年7-8月頃を目処に公表されるようです。

それまでは何も法律が決まっていないため、会計事務所で働く友人に相談しても「国が方針決めるまで何もわからんよ」と言われました。

なので国の法律が定まるまで気にしないこと(8月頃まで気絶法)がベストなようです。

気絶方とは

仮想通貨への投資でもこの気絶法が最強説がまことしやかに流れています。

仮想通貨は長期間持っておけば値上がりしている(今のところ)ので、短期間の値上がり・値下がりに一喜一憂して取引せずに一度買ったら「気絶したように取引しないこと」が一番儲かるという噂が絶えません。

8月まで気絶しとこう!

自分は会計事務所の友人に別で相談して、開業届を出して節税対策することに。

そして国の指針が決まる9月頃にまた改めて考えようと思いました。

私は税の専門家ではありません。また管轄する税務署により回答が違うケースが散見されます。

正確な情報は最寄りの税務署にお尋ねください。

 

XRPを3月以前に買ってずっとホールドしている人は含み益が1000万円を超えた人も少なくないのではないでしょうか?

あくまで含み益なのでもしかすると価格が下がる可能性もありますが、今のうちからできる対策はしつつ8月まで盛大に気絶しましょう!(トレードの方もできればそうしたいね)

確定申告が不安なら、プロに相談しよう

サラリーマンの場合、仮想通貨(暗号通貨)で20万円以上の利益が出ている場合は確定申告が必要となります。

確定申告書の提出期限が翌年の3月15日頃なので、それまでに準備をする必要があります。

(ただし一円でも利益が出ていれば住民税の支払いが必須になるので、3月15日頃までに市区町村役場の税務課に所得申告しなければいけません)

 

私ポインは今までサラリーマンの経験しかなく、確定申告は初めてです。

全てが分からないことだらけなので、この記事の執筆時(6月頃)には税理士に相談を始めました。

私は仮想通貨のトレードを頻繁に行なっており、個人での確定申告の計算は不可能、と判断したからです。

結局8月になっても明確な発表はありませんでしたので、自分から動くしかありません。

 

相談して、ひとまずは節税のために、ふるさと納税を活用したり、個人事業主の開業届・青色申告の届出を提出しました。

個人事業主に関してはサラリーマンでも開業することができ、家賃やスマホ代なども経費にすることができるので早めにやっておいてよかったです。

来年には法人を設立して、さらなる節税に取り組む予定です。

 

税金のことはプロの税理士に頼むのが一番です。

税理士紹介エージェント税理士ドットコムなどで「仮想通貨/ビットコインやITに詳しい税理士を希望」といえば、適任の方を紹介してもらえます。

年末年始あたりになると、確定申告シーズンで税理士の確保がだんだん難しくなってきますので、できる限り早めに相談を始めた方がいいと思います。

遅くとも12月早めまでには相談しておいた方がいいです。

費用が10万円前後かかってしまうかもしれませんが、申請書類も全てプロにお願いできるので、余計な手間も省けます。

何より個人で確定申告をして、抜け漏れがあって、数年後に罰則金を払う…みたいなことがなくて安心なのが良いと個人的には思っています。

▼▼オモシロかったらシェアしてね!▼▼




ビットポイント BITPoint

本田啓介のCMで話題沸騰!
ビットコインをはじめて買うならCMで話題の『BITPoint』

今なら口座開設+入金で3,000円プレゼント中!

『BITPoint/ビットポイント 』なら0.0001BTC(約100円)から、スマホアプリで簡単にビットコインが買える!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


 

SPONSORED LINK

仮想通貨専門ニュースアプリ GMOコイン