リップル社による世界的なカンファレンス『Swell』発表と、8万XRP売却した話

リップル社がSwell開催を発表! ポイン

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?

ポインです。

 

この記事では、仮想通貨XRPを発行しているリップル社のカンファレンス『Swell』についてまとめています。

仮想通貨XRPの内容や、購入方法はこちらの記事を参照ください。

リップル社が発行する仮想通貨「XRP」の特徴と購入方法

2017.04.23

リップル社グローバルカンファレンス『Swell』開催

SWELL RIPPLE

リップル社による世界的なカンファレンス『Swell〜未来はここにある〜』の開催が発表されました。


この『Swell』はトロントにて10月16〜18日に開催されます。

テーマとしては『銀行業界やブロックチェーン業界のリーダー達を集め、これからの送金の未来について議論する』という内容で、ペイメントのエキスパートや業界の先導者が一堂に集まるカンファレンスになるようです。

9月12日に当日の詳細が発表されますが、それに先駆けて2名の基調講演があることがわかっています。

SWELL 基調講演

左の『ベン・バーナンキ氏』は、米国連邦準備制度理事会(FRB)で、2006年〜2014年にトップを務めた方です。

FRBはアメリカの中央銀行に相当し、日本で言うところの日本銀行と同じ立ち位置です。

アメリカの金融政策は国内のみならず、世界中の株価や為替に影響を与えるので、それほどの影響力のある役職を8年間(2期連続)で務められた方です。

 

右の『ティム・バーナーズ・リー氏」は、ワールド・ワイド・ウェブ(www)やURL、HTMLなどの考案者です。

言うなればインターネットの父です。

ティム・バーナーズ・リー氏は”A Look Ahead into the Future of Tech”(邦訳:技術の未来を先取りする)と題した公演を行うようです。

その他にも、Swellには日本からはSBIレミット、SBIリップルアジアが参加する予定です。

 

Swell発表でXRPの価格は?

今回のSWELL発表に当たって、リップルの公式Twitterアカウントでカウントダウンが行われました。

最初は何が発表されるか分からないようなカウントダウンだったので、

「0になった瞬間すごい発表があるのでは!?」

とリップル社が発行する仮想通貨である『XRP』の価格が50%以上の爆上がりしました。

合計三日間のカウントダウンだったのですが、XRPの価格推移を見ると

発表前:17円

カウントダウンスタート:32円!!

Swell発表:23円

とカウントダウンが終わり、Swell発表された途端にXRPが売られて価格が下がりました。

XRPのチャートで値動きを見てみると…

XRP コインチェック

 

Swellが発表されたらまさかの価格が落ちるという…

XRP コインチェック

「Swellが発表されたのに、なんでやねん!!」

と言いたいところですが、Swellって招待制のイベントなので一般投資家は参加できません。

リップル社は今のところ、銀行や企業を主な相手としてマーケティングを行なっているので、仕方ない部分もあるかもしれません。

また、「公式Twitterでカウントダウンをして期待を上げるだけ上げておいて、まだ詳細が分からないカンファレンスの発表かよ!」という声もありました。

まぁ、正直その気持ちも分からんでもないです。

Twitterでのアンケートでも、途中経過ですが

  • カウントダウンはよかった:25%
  • カウントダウンはよくない:38%

と「カウントダウンはよくなかった」と思っている人の方が多いことが分かります。

 

ポインが取った行動は

私は保有XRPの20%弱にあたる8万XRP(約200万円分)を売却しました。

このタイミングで売却したので誤解を生みそうですが、別にリップル社及びXRPに失望したから売ったのではありません。

売却の理由は『大きな金額を入れたいICOが出てきた』というのが大きいです。(ICOとは独自コイン発行による資金調達のこと)

私はポートフォリオの80%がXRPなので、まとまった金額を用意しようと思うとXRPを売るしかないのですよね。

ポインのICO参加予定

私の参加するICOですが、まずは9月1日開始のブロックチェーンを活用したSNS『ALIS』です。

【ALIS関連記事】

日本初ブロックチェーンを活用したソーシャルメディアALISの特徴/ICOまとめ

9/1にICOを行う『ALIS』突撃インタビュー!直接質問してきた

 

その次に、10月2日開始のICOプラットフォーム『COMSA』です。

【COMSA関連記事】

COMSA発表!ICOで資金調達が身近に!?問題点も

 

どちらも日本発のICOで、日本語の情報が多く、色々と調べることができるので安心して投資することができます。

世界的に見るとICOは常に数十も行われていて調べるのが大変なので、今後のICO参加は基本的に日本発のものに絞りました。

どちらのプロジェクトも顔の見える方が日本でICOを行なうこともあり、それなりの金額を突っ込みたいと思って今回の決断に至りました。

とはいってもリップル社は、目指す世界観である『価値のインターネット』の実現のために、「内外為替一元化コンソーシアム」を始めとした様々な取り組みを地道に進めていることは確かです。

なので長期的に見るとXRPは値上がりすると信じています。

相変わらず私のポートフォリオの過半数以上はXRPが占めていますからね。

今後もXRPホルダーの『リップラー』として、リップル社を応援しつつトレードを楽しみたいと思います!


ICOの参加するためのイーサリアム購入は、ビットバンクCCをオススメしています。

どれくらいお得かの検証・登録方法はこちら

ICO用のイーサリアム購入はビットバンク/bitbank.ccがオススメ

The following two tabs change content below.
ポイン
仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』です。職業はハイパーニート。リップル(XRP)とネム(XEM)が好き。 9/12、9/26発売の週刊SPA!にて2号連続でインタビューが掲載されました。

SPONSORED LINK







▼▼オモシロかったらシェアしてね!▼▼





国内の安心安全な大手取引所
スマホでビットコインFXなら『GMOコイン』

スマホでビットコインFXをはじめるならGMOコイン!1,000円から最短で翌日からトレード開始できます。レバレッジ最大25倍!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA