ビットコインを預けて年利6%をもらう方法|仮想通貨(暗号資産)レンディングおすすめ4選

ビットコインの増やし方 取引所 レンディング 資産運用
持ってるだけの仮想通貨を増やす方法ってないの?

このような悩み、ありますよね?

この記事では、ベストセラー本『ポインの仮想通貨1年生の教科書』の著者であるポインが、持ってる仮想通貨を預けるだけで、年間6〜8%の利子がもらえるレンディングサービスについて、まとめています。

この記事を読めば、仮想通貨のレンディングが可能な取引所についてもご紹介します。自分が持っている仮想通貨を貸してさらに増やしてみましょう。

1番のおすすめは、BlockFiに登録して、ビットコイン年利6%をゲットすることです!

今なら100ドル以上の入金で10ドルプレゼント!

仮想通貨(暗号資産)のレンディングとは?

レンディング 仮想通貨

レンディングとは、自分が所有している仮想通貨(暗号資産)を預けるだけで、利子が得られる方法の事です。

「貸仮想通貨サービス」とも呼ばれていて、本記事で紹介する方法だと、年間5%〜8%もの金利を受け取ることができます。

銀行預金の年間利子はおよそ0.01%なので、その500倍以上もの金利です。すごいですね。

トレードが苦手で、仮想通貨をただ持っているガチホの人には朗報ですね!

おすすめレンディングサービス4選

僕が安全性を調査して、また実際に使ってみて、おすすめできるレンディングサービスを4つご紹介します。

BlockFi(ブロックファイ)

BlockFi レンディング

BlockFi(ブロックファイ)は、ビットコインの年率6%と高い年率を誇ります。

国内取引所の貸仮想通貨サービスより年率が高く、またリクルートが出資していることで有名です。

顧客資産はコールドウォレット(オフライン上)に保管して安全対策を行っていますし、資金ロックは特になく、月一回まで出金無料と、ガチホユーザーには神サービスです。

メリットデメリット
ビットコインは年利6%と高金利出金に24時間〜48時間かかる
資金ロックなしでいつでも引き出せるBlockFiが破綻したら
約64億円の資金を調達済(コインベースやリクルート等)
月に1回金利が受け取れる(毎月第一営業日に付与)
BitGoの安全保管とロイズの保証で安心
出金手数料が無料(月に一回のみ)

世界有数の仮想通貨の保管会社であるGeminiによって保管、2億ドルのカストディアン保険が適用されるため、仮にBlockFiがハッキング被害を受けても資産は保証されています。

貸し出しできる仮想通貨と、その利率は下記の通りです。

仮想通貨年率
ビットコイン(BTC)6% (2.5BTCを超えた分の年率は3%)
イーサリアム(ETH)5.25%
ライトコイン(LTC)5%
GUSD,USDC8.6%
USDT9.3%
PAX5%

ビットコインには貸し出し上限があり、2.5BTCを超えた分の年率は3%となります。

お得なキャンペーンで、下の専用リンクから登録して、30日間100ドル以上預けると『10ドル』プレゼント中です!

フェニックスレンディング

phoenix フェニックス

フェニックスレンディングは、なんとビットコインの年利12%、USDTの年利18%と業界最高の金利を誇るサービスです。

香港の取引所がやっているサービスで、運営の方に聞いたところ。大口の顧客を多く抱えており、利益が出ているので提供できる利率とのことです。

メリットデメリット
ビットコインは年利12%と業界最高の金利解約手数料が2%かかる
USDTの年利も18%と最高峰BlockFiが破綻したら
BitGoの安全保管で安心
出金手数料が無料
資金ロックなしでいつでも引き出せる
phoenix フェニックスレンディング

さらに下記のリンクから登録したユーザー(リンクコード:)限定で、12月までに入金すると、2021年1月の利息がBTC、USDTともに年利50%にアップするキャンペーンを実施中!!

利用方法ですが、取引所Phoenixに登録した後、上の「Phoenix Lab」をクリックするとレンディングページが現れます。

phoenix フェニックスレンディング

NEXO

NEXO レンディング

NEXOは、ビットコインの年率を最大8%という高利率でレンディングできるサービス。

そのためには独自トークンのNEXOを入金額の10%以上保有し、金利をNEXOで受け取る必要がありますが、そうでなくても通常の利率で5%あります。

BlockFiとの違いは即時出金。申請してから数分で引き出しが完了します。またリップル(XRP)の貸し出しにも対応しているのが嬉しいポイントですね。

メリットデメリット
ビットコインは年利は最大8%と高金利(通常5%)金利8%はNEXOを入金額の10%以上保有/NEXOでの金利受け取りが条件
リップルの貸し出しにも対応BlockFiの方が資金調達額が多くユーザーも多い印象
資金ロックなしでいつでも引き出せる
出金して数分で引き出せる
ステーブルコインの利率10%(USDT、USDC等)
BitGoの安全保管とロイズの保証で安心
出金手数料が無料
メアドのみで登録完了(出勤制限あり)

世界有数の仮想通貨の保証会社であるBifGOと、世界最大の保険会社ロイズ・オブ・ロンドンが提供する1億ドルのカストディアン保険が適用されるため、NEXOがハッキング被害を受けても資産が100%保証されます。

貸し出せる仮想通貨と利率は以下の通りです。

仮想通貨年率
BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、EOS、XLM最大8%(通常5%)
USDT、TUSD、USDC、DAI(ステーブルコイン)、BNB、PAX、EURO、GBP最大12%(通常8%)

入金額の10%以上のNEXOを保有すると金利が25%アップします。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

コインチェックは、登録して『貸仮想通貨』というサービスを利用すると最大年利5%が受けております。

対応通貨ですが、ビットコイン、リップル、ネム、イーサリアムなど全14種類の通貨です。

コインチェックでは、預ける期間を14日〜1年と自分で選ぶことが出来ます。

例えば、100万円相当の1BTCを年利5%で1年間レンディングした場合、5万円相当の0.05BTCが支払われる計算です。

国内の取引所なので、先に挙げた2つより安心感はありますが、年利が物足りなかったり、資金ロック期間があるので少し使いづらい印象です。

暗号資産レンディングおすすめ4選でした

僕自身のレンディングのやり方ですが、2.5BTCをBlockFiに預けて、それ以上のビットコインはPhoenixNEXOに預けるようにしています。

理由はBlockFiはとても安心して使えているのですが、2.5BTC以上は利率が一気に落ちるためです。

またこんな気ご紹介したサービスは安全性の高いものを選んではいますが、もちろん破綻リスクも0ではないので、複数を使い分けてリスク分散するのが安全と考えています。

レンディングは放置で勝手に仮想通貨が増えていくので、変にトレードするより安心してみていられますね。

ぜひ小額から試してみて、勝手にお金が増えていく快感を味わってみてください。

記事一覧下CTA CC

コインチェックは初心者にオススメ!

コインチェック coincheck 仮想通貨 取引所

マネックスグループ傘下になり新体制!
『コインチェック』なら1,000円からスマホアプリで
簡単にビットコインなど国内最多の14種が買える!
 

SPONSORED LINK

コイン相場 GMOコイン