仮想通貨が大暴落でビットコインが最高値の半分に、その原因とは?

仮想通貨の大暴落でビットコインが最高値の半分に ポイン

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか?

ポインです。

仮想通貨、今年初の大暴落!!

仮想通貨全体が、今年初となる大暴落をしています。(これは取引所コインチェックのウィジェット機能

ビットコインは、2017年12月に一時240万円以上と最高値をつけていました。

それが今日、120万円近くまで大暴落しました。

最近は相場が右肩上がりで、仮想通貨全体の市場規模も前どんどん上がっていました。

コインチェックや DMM ビットコインなどの広告で、新しく投資を始めた方もかなり増えていると思います。

突然の暴落にびっくりする気持ちも分かりますが、まずは原因を調べてみましょう。

この大暴落の原因は?

まず1つ目は、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のヨアヒム・ビュルメリング理事による世界的な規制への動きです。

フランクフルトでのイベントで「仮想通貨の規制において国ごとの規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と話したようです。

 

2つ目は、中国人民銀行(PBoC)がビットコインなどの仮想通貨の完全禁止について言及。

中国はICO(独自コインによる資金調達)や仮想通貨取引所、マイニングなどと規制が続いていますが、ウォレットなども完全に規制する話が出てきました。

 

ただ報道内容に疑問がついているてもあるようです。

 

また、ビットコインは衛星通信を利用したトランザクションも開発中です。

もしかすると将来的に国の規制は意味をなさないかもしれません。

 

今回の暴落、私が調べた限りでは、上記のような仮想通貨への世界的な規制が報道されたことが原因のようでした、

歓喜で売り、悲鳴で買え

仮想通貨 暴落

何度見ても、全体が真っ赤ですね…

 

このような大暴落で、「ああ損した。仮想通貨売ろう」と思う気持ちわかります。

ただ相場の格言には「歓喜で売り、悲鳴で買え」というのがあります。

相場的に言うと、今は相場全体で売られているから、今は買い時、という考え方もあります。

わかりやすく言うとコインチェックのチャートが真っ赤な時に買う、ということです。

 

暴落に焦って売ることを、投資用語で『狼狽売り』と言います。

狼狽売りの原因としては、投資のスタートとゴールを決めていないことがあります。

 

最近は、なんとなく「億り人になりたい」と投資をスタートさせる人が多い印象を受けます。

この暴落をきっかけにいつまでにいくらのリターンを狙うか、というのを言語化してみてはいかがでしょうか?

ポートフォリオや投資戦略のコツについてはこちら→『億り人が続出!?私ポインがこれから仮想通貨を始めるならどうするか?

 

また「仮想通貨は、価格の上げ下げが大きすぎてツライ…」みたいな人には、取引所Zaifの積立がオススメです。

ドルコスト平均法という、購入価格を分散できる投資法なので、ローリスクで投資できます。

Zaifの積立はこちらの記事で解説しています→『仮想通貨NEM/XEM購入は取引所Zaif一択!な3つのワケ

祝!フォロワー3万人超え!

ツイッター初めて1年くらい。

おかげさまで3万フォロワー超えました!

仮想通貨のニュースなどつぶやいているので、もしよかったらポインのツイッターをフォローしてくださいね!

The following two tabs change content below.
ポイン
仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』です。職業はハイパーニート。リップルとネムが好き。【週刊SPA!】複数回インタビュー掲載、【爆笑問題の日曜サンデー】TBSラジオに仮想通貨の専門家として出演するなど、メディアでも精力的に活動中!

▼▼オモシロかったらシェアしてね!▼▼




DMM Bitcoin

テレビCMで話題沸騰!
ビットコインをはじめて買うならCMで話題の『DMM Bitcoin』

今なら口座開設だけで1,000円プレゼント中!

『DMM Bitcoin』なら0.001BTC(約1,200円)から、スマホアプリで簡単にビットコインが買える!

取扱コインも、現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアと種類が豊富です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SPONSORED LINK